matsukg.png

HOME > 情報公開

情報公開

学校法人盛岡大学附属松園幼稚園

平成27年度自己評価結果

1、 本園の教育目標
キリスト教精神に基づき、健康で明るい心豊かな子どもを育てる。
 ・心も体も健やかな明るい子ども
 ・豊かに感じのびのびと表現する子ども
・意欲を持って活動に取り組む子ども
上記の3本柱を基に人を愛する気持ち、命を大切にする気持ち、豊かな心で社会に奉仕する気持ちを大切に育てる。

2、 重点的に取り組む目標・計画
平成27年度 ・ 入園児の定員確保に努める。
・ 教育内容の充実を図る。
・ 子育て支援事業を含めた保育内容を充実する。

3、 評価項目の達成及び取り組みの状況
昨年度の自己評価と今年度を比較検討した結果、各項目の中で改善された項目と引き続き検討する課題が明確となった。この2点と保護者アンケートの結果・考察を視点とし、それを基に取り組み状況を見ていく。

評価項目 取り組み状況 評価欄
Ⅰ、保育の計画性

≪改善された事項・検討課題≫
・ 平成27年度は昨年度に続き幼児教育実践学会での研究発表を行った。「揺れ記録」とい保育記録を積み重ね、各教師の日々の悩みや保育の喜びを園内研修の場で取り上げ、園長を中心とし論点や問題点に焦点を絞り話し合いを進めてきた。教師間の連携が深まりより深い保育の話し合いが行われ、日々の保育に生かすことが出来た。今後は園内研修を積み重ね、より身近で具体的、実践的な教育課程へとつなげていくことができるのではないかと考えている。
・ 園の教育理念・目標について、園長と共に園内研修を行う中で教職員の中で共通理解を深めることができたことを実感している。
・ 環境構成について昨年度より意識して保育を行ってきた。子供が主体的に活動にかかわりたくなるような環境構成を工夫したり、素材を吟味準備したり、教材研究を行いたいと積極的な意見が出された。しかし、十分な時間が確保できず難しい現状である。今後は教師一人一人が意識を強め保育後の時間の使い方を更に工夫し、環境構成、教材研究が行えるようにしていきたい。
Ⅱ、保育のあり方
幼児への対応


≪改善された事項≫
・ 安全対策については、子供達と生活の中で何が危険か安全な遊び方かをその都度話し合い考えていくことで、自分達で安全な生活の仕方や遊び方に気付くことが出来るようにと保育の中で意識してきた。怪我もあったが再度繰り返さないようにと教師間で共通理解し、対応しながら保育ができた。
・ 感染症、流行性の疾患に対する対応は臨機応変な対応が求められるが、ある程度のマニュアルを教師間で確認・周知した上で、保護者へも発信し共通の周知を行い、スムーズに対応することが出来た。
・ 幼児の見取りと理解の内容については、日々の保育の中での保育記録「揺れ記録」が生かされ、話し合いの中で見通しを持ち保育を行うことが出来た。記録を書くことで子供の思いや育ちについて考えていく機会にもなり教師間での話し合いが増えていった。
≪検討課題≫
・ 子ども達が遊びを深めていくための適切な援助についての項目に反省点が上がった。
その子の育ちのタイミングを見極め逃さず援助が行われたかという自らの保育への振り返りを行った時いつでもそれが正解だとは思えず反省がなされる。その振り返りを大切にいつでも自分の保育を見つめ直す姿勢を忘れず、一人一人の園生活の充実につなげていきたい。
Ⅲ、教師としての
資質や能力、
良識、適正


≪改善された事項≫
・ 昨年度、研修会において実践例を持っていく機会のあった教員も多く、その中での学びがあった。実践記録を書くことで気づくことや園外の教員との話し合いの中での情報交換も刺激となった。
・ 保育後の短い時間で職員間の情報交換や話し合い、園務、預かり保育などしなければいけないことの優先順位をつけ、時間を有効に活用しようと時間割りを貼り出し動くよう努力した。
・ 子どもたちの成長に関わったり接したりする喜びと責任を感じながら、教師として   の自覚を持って仕事に臨んでいる。教師間でのチームワークを大切にしながら当番や園務を務めることはもちろん、自分のクラスの子どもだけではなく全園児のへの対応も心がけている。
≪検討課題≫
・ 仕事の手順(保育準備、行事の準備、園務)を、能率よく行うことが出来ていないとの反省が上げられた。事前に仕事内容を整理し、各々が能率よく仕事を行っていく必要がある。 ・
Ⅳ、保護者への対応


≪改善された事項≫
・ 子育て相談を教師側から積極的に声をかけて行った。送迎の際に子どもの様子をこまめに伝えたり、気にかかるような様子があった時や怪我の時などはすぐに電話で状況を伝えたりするなどしていった。また、育ちの場面やクラスの様子などクラス便りで知らせることに務め、園の教育内容についての理解を得ることが出来たように感じる。
・ 幼稚園の環境美化に保護者の協力を得て取り組むことが出来た。
≪検討課題≫
・ 幼稚園での生活の様子を具体的場面を通しわかりやすく保護者に発信していくことが大切であると考える。(一人一人の様子、クラスの中での個々の育ち)
Ⅴ、地域の自然や
社会とのかかわり ≪改善された項目≫
・ 松園地域の子育て支援活動「松ぼっくりの会」に委員として参加したことで、地域の幼稚園・保育園また他役員の方々と交流を持つことが出来た。みんなで子育て世代の親子を見守り支援していく地域の輪を感じ参加することが出来た。今後も継続して活動していく。
・ 近隣の小学校との連携に課題を感じ積極的につながりを持つよう努力した。運動会雨天時に小学校の体育館をお借りしたり、授業参観日に参加したりこちらから積極的に訪問してきた。また、年長児と一年生の交流の実現は大きな成果であった。しかし、小学校側からは、幼稚園の側から情報を(行事の案内)発信するも幼稚園訪問はなかなか難しい状況であった。そのことが保護者が小学校とのつながりが実感として得られないとの評価につながっていると思われる。保護者や子どもが幼稚園、小学校のつながりを感じながら安心して進学していけるよう努力していきたい。
≪検討課題≫
・ 今後も継続して幼稚園公開に松園小学校の先生を誘うなどしながら幼稚園側から積極的に働きかけていく。
・ 様々な機会を通して、小学校教育についてより積極的に学ぶことが大切であると考えられる。
Ⅵ、研修と研究についての対応 ≪改善された事項≫
・ 平成27年度は幼児実践学会での実践発表、盛岡大学付属2園合同研修会を行う。実践学会では広く全国の幼稚園の発表に触れ様々な刺激を受け自園に持ち帰りそれぞれの保育に生かすことができた。また、実践発表が関係委員の推薦により幼稚園時報に掲載されるという喜ばしい成果があった。
・ 2園公開保育に向け、園内研修の充実を図り行うことができた。日々の保育の中で教師自身の気持ちの揺れを「揺れ記録」として積み重ねていった。揺れ=悩み・喜び・驚き等を素直に書き記していくことで教師間の話し合いが深められ保育の共感を得られたり保育の方向性を見つけられたりすることで保育の向上につながっていく実感を得ることが出来た。
・ 外部の研修会に自分の実践例を持っていくことで自らの保育を話す機会があった。そこで改めて振り返り、気づきや感覚的に行ってきた保育を言葉や文章で表現することで課題がはっきりした。
≪検討課題≫
・ 日々の保育について、時間を有効に使う意味でも、テーマ性を持っての話し合いの場が必要と思われる。また、話し合いに臨むときに自分が聞きたいこと、悩んでいることを整理しておくとより話し合いの内容が深まると考えられる。
・ 保育に対しての新制度についてや幼稚園教育を取り巻く社会状況について、幼児教育の情報を意識して捉えその内容の理解に努めていく必要があると考えている。
・ さらに園内研修において教師間の学び合いを大切に、保育の質の向上を目指したい。


4、 学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果
入園児の定員確保に努める。




・ サークルの持ち方を工夫していることで、園や先生に親しみを持ち入園につながったりブログを通して普段の園生活の様子をこまめに発信したことで園の情報が広く紹介されている様子があり、園児募集につながっていることを実感した。また、園児募集に合わせ、「松園幼稚園のすべて」を発行。内容を吟味し見やすいように工夫したところ、分かりやすい説明に入園を決めた保護者もいた。引き続き入園児確保のために、松園幼稚園の良さを広く発信し定員確保に努めていく。
教育内容の充実を図る。





・ 第6回幼児実践学会に参加し盛岡大学附属松園幼稚園の研究発表を行い、教職員の資質向上へとつなげることができた。また、附属2園合同研修会を行いお互いの学びの機会を持つことができた。
・ 園舎内、外の環境整備は保護者の関心も高く改善が必要とされる。自分達で出来る範囲での修繕、環境整備は後援会にも協力していただき行うことが出来た。今後も正門壁、ホール壁面、正面玄関のビニールシートの改修が必要と考える。
・ 園の建学の精神や教育方針を意識し、また子どもの実態に即して教育課程を見直していった。教育要領との具体的な関連性についての話し合いがより必要と考える。
子育て支援事業を含めた
保育内容を充実する。 

・ 特色ある預かり保育の実施を課題に、子供達が楽しめるような工夫(長期休業中の園外保育、季節に合わせたお楽しみ等)を検討しながら行ってきたところ、利用者が定着し、月間利用者も増えつつある。今後も利用者のニーズに応えながら預かり保育を充実させていく。






5、 今後取り組むべき課題
課題
教育内容の充実
教育課程

・ 教育課程を教育要領のねらい、内容との関連性を付けながら見ていくことが昨年度十分ではなかった。教育内容が偏った物にならず総合的な育ちを視野に入れながら見直していく。
・ 育ちの節目を継続した育ちの流れ(入園から修了まで)で見通してみていけるようにする。
園児募集

・ 未就園サークルの回数を増やし、園に足を運ぶ機会を多く持つことで園や先生に親しみや信頼関係を持てるようにすることで園児獲得につなげていく。
・ 子育て講演会、又幼稚園での行事にサークル活動を通して広く告知し、幼稚園に足を運んでもらい園児獲得に努める。
・ 幼稚園ブログが園児募集につながっている。園全体でブログの充実を図る。
教員養成のための実習協力園としての役割 ・ 学生に幼稚園教育の理解がより深まるように、子ども理解や実践的技能等、具体的な場面を通して伝えていく。
・ 学びたい学生が、幼稚園での現場体験を希望した場合には受け入れていく。そのためには、実習指導の内容の吟味が必要である。
組織運営(園務分掌の実施)
・ 園務分掌の遂行が滞りなくできるように、見通しを持ち、業務を行う。業務内容によっては、担当者が先立ちとなり教職員に声をかけ共にすすめていくようにする。
安全対策 ・ 緊急時に対応できるためのマニュアルの作成と教職員の常に具体的な動きがとれるような体制が必要とされる。
・ 地域社会、また小学校との連携を取りながら緊急時の動きについて訓練していく。
学童保育の実施に向け検討 ・新しい付加価値の高い幼稚園像を目指し職員間で意見を出し合い話し合いを持っている。その一つとして学童保育の実施に向け検討中である。
6 、保護者アンケート結果
  保護者アンケートを実施し、園側と保護者側の意識について探った。いい意味でもそうでない点においても同一見の
ものが多かった。考察結果を基に来年度に活かしていくように努力する。
昨年度の評価や保護者とのアンケート結果から考察し、さらに検討事項になった項目について取り組み状況を話し合ったことにより改善事項と検討課題が明確となった。昨年度から継続しての課題もあったため、自己評価、学校評価を行ったすぐ後には意識して取り組むが、年間を通して教育課程を振り返るように、検討課題についても意識の中に入れておく必要がある。





7、学校関係者の評価
   平成27年度 学校関係者評価について

平成28年8月4日に関係者評価を盛岡大学附属松園幼稚園にて行いました。6項目について以下のような評価、意見をいただきました。

Ⅰ 保育の計画性について
  ・ 保育記録として「揺れ記録」を行うことで教職員が話し合いの場を通し幼稚園での保育を共有しているのではないか。保育実践と研修を融合している。その積極的姿勢がみられる。この揺れ記録は、先生と子ども達が共に過ごす中で沸き起こる教師の気持ちの揺れが書かれ先生自身の人となりが表れ主観だけでは深まれない議論が、率直な見方による他教諭の介入を容易にした。これは松園幼稚園の教育理念を基に、子どもの育ちの時期についての振り返りやみんなで話し合いがなされ学会で発表することにより、保育の質の向上にもつながったのではないかとの評価を得た。

Ⅱ 保育の在り方について
・ 上記記載にある「揺れ記録」以外でも教師間での話し合いがよくなされている。様々な場面で互いに話題を出していくことによって話し合いが自然と持たれ他のクラスについても情報を共有し保育について語り合う土壌がある。これは保育の質の向上には大切な役割を担っているのではないかとの意見が出された。
・ 安全面や流行性の病気、園児の個々の抱える持病(アレルギー等)についてや災害等への話し合い、情報交換が教職員間でよくなされ対応しているのではないか。
・ 幼児期の経験を通して新しいことや様々な方向からアプローチが大切でありそこから新たな能力、失敗してもひるまないといった姿がでてくるのではないか。昨年度年長で経験した「染物」も小学校に進学してからも関連したことに対して高い興味を示している。その子のいろいろな部分を伸ばす経験を引き出すことの大切さを感じたとの意見が出された。
Ⅲ 教師について
・ 現在教職に就く学生が少なくなり、教員文化(経験を互いに伝えあう)が難しくなってきている。また別の要因として多忙化実習生の受け入れなど現場では様々なことが起こっている。こういった中にあって幼稚園での業務の多忙化を感じる。仕事の多さ、教材研究、研修、明日の保育に向けての準備等どこに優先順位を置くかであると考えられる。忙しい中真摯に研修に取り組んでいるが負担にならない工夫が大切である。幼稚園の場合は研修や日々の話し合いを通して保育技術を上げていく努力がなされていることは評価できる。ただ今後はそのことも含めて業務の整理、削除が必要と考えられる。

Ⅳ 保護者への対応
・ 保護者とは保育のパートナーとして共に歩むことが大切である。
・ 怪我やその他起こったことを教師が保護者に連絡することは今後とも意識して伝えて行く必要がある。
・ 子どもの姿や今のクラスの様子、人との関わりや具体的な育ちの場面を通してお便り等で伝えていくことが必要である。
・ 教師が忙しそうにしていると保護者も声をかけづらいのではないか。ゆったりと温かい雰囲気を大切にする。

Ⅴ 地域の自然や社会とのかかわり  
・ 平成27年度修了記念授業で「あるけあるけえんそく」を行い松園小学校の副校長先生の配慮で小学校一年生の児童に声をかけ歌をきかせてもらった。こういった交流が互いの中で意識的にできるとよいのではないか。こういった活動を通して子ども達の小学校に対する不安感を少しでも和らげ小学校の雰囲気を肌で感じられることは意味のあることではないか。

Ⅵ その他
・ ブログやホームページで保育、園行事について今後も地域、保護者にむけて発信していく。
・ 園児の確保をしていく。
・ 評価項目の見直しと重点項目を絞る。

【関係者評価】
盛岡大学附属高等学校     校長 赤坂 昌吉 様
盛岡大学 文学部児童教育学科 教授 市原 常明 様
平成27年度後援会      会長 川又 美津子 様

本園園長   髙橋 裕子
副園長    千葉 瑞穂
8、財務内容 
   公認会計士の監査により適正に運営されていると認められている。
 

Cursor_と_園章_PNG.jpg

ギャラリー

未就園サークル!

平成29年5月26日(金)

     9時30分より

あそびにきてね!